2019920日 - 112

year

month

day

知られざる釜石市の物語

2018.05.18


event photo.jpg
STHジャパンは、釜石市にまつわる素晴らしい物語と同市とラグビーの力強い絆について理解を深めていただくために、法人クライアントの方々をお招きしました。釜石市の山崎秀樹副市長も同席してくださいました。そのときの山崎副市長の発言は以下の通りです。

STHとワールドラグビーの皆様にお目にかかり、釜石市に対する強い思いを拝聴できたことは、大変ありがたいことでした。釜石に住む私たちは、ラグビーワールドカップ2019のビジョンである「絆、協創、そして前へ」を真剣に受け止めています。私たちは、このトーナメントの遺産を次の世代に継承するにあたり、世界と「絆」を持ち、新たなインフラと機会を「協創」し、そして将来に向かって「前へ」進みたいと存じます」

Kamaishi Recovery Memorial Stadium.jpg

釜石は、日本の東北三陸地方の岩手県に位置する、人口35,000人(現在)の小さな市です。この地域は、目を見張るような景勝地に恵まれ、住民の生活に不可欠な漁港があります。さらに、日本のラグビーのルーツがこの地域に深く根付いていることから、「釜石といえばラグビー」としばしば称されます。かつて釜石市を拠点としたクラブチーム、新日鉄釜石は、ラグビー日本選手権7連覇を達成しました。釜石がラグビーワールドカップ2019TM日本大会の12開催都市の1つとなったいま、さらに釜石とラグビーとの絆が強まっています。

2011311日、記録に残る地震の中で最大規模のものが日本を襲い、東北地方の沿岸に巨大な津波を引き起こしました。津波は何マイルにもわたり海岸線に打ち上げ、その高さは40メートルにも達しました。釜石市は被災した沿岸地方の1つで、1,063人が死亡、10,516人が避難、4,704棟が倒壊しました。

釜石市の復興に、ラグビーは非常に大きな役割を果たしました。現在、釜石を拠点とするクラブチームである釜石シーウエイブズの施設が、住民の集合場所として使われ、被災者コミュニティの中心になりました。クラブの選手が食料を配給し、住民はクラブ施設に避難することができました。選手によるこのような支援のおかげで、ラグビークラブと地元コミュニティの結びつきが強まりました。ワールドラグビーは、釜石をラグビーワールドカップ2019TM日本大会の会場に選定したことで、釜石の復興支援を行っています。ラグビーワールドカップ2019TM日本大会の開催は、釜石の復興策、地元経済の活性化策の一環と受け止められています。

2019年釜石市は、世界各地から訪れる何千人もの人々に門戸を開放します。それが2011年の津波の後寄せられた支援に対する、釜石市民の感謝の気持ちの1つの表現方法です。現在建設中の釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)は2018年夏にオープンする予定です。ラグビーワールドカップ2019TM日本大会の会場の中で唯一、何もないところから新設するスタジアムです。地元コミュニティにとって、その立地は非常に重要な要素です。選定されたのは、象徴的な意味のある場所でした。2011年、津波によって市内の小・中学校の建物が倒壊しました。しかしその学校の児童生徒600人は、率先して避難所へ向かい、全員が無事でした。この出来事は「釜石の奇跡」として知られています。倒壊した学校は現在、丘の反対側、スタジアムを眼下に臨む位置に再建されました。釜石市は、安全に避難することの重要性を、前向きに記憶にとどめられる立地に、スタジアムを新設したのです。

このスタジアムのもう1つの特徴は、地元釜石の木材が観客席の一部に使われていることです。ワールドラグビーは、新しい産業の創造と地元経済支援を通じて、このプロジェクトが釜石にとって、できる限り持続的で有益であるよう、釜石市と協力を続けています。

釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)に集い競い合うチームは、世界の3大陸の代表であり、真に国際的な雰囲気を醸し出すことでしょう。そこは興味深い点です。釜石市にとってこれまでにない体験となるでしょう。2019925日にフィジーとウルグアイ、1013日にはアフリカ1と敗者復活戦勝者が対戦します。

いまだ震災から復興できていない地域を多く抱える小規模な都市釜石が、スタジアムを新設する状況には、特別な注目に値することを成し遂げようとする同市の献身的な努力と、その目的に向けてのワールドラグビーの支援があることを示しています。ワールドラグビーのCOOアラン・ジプリンは、「ラグビーワールドカップ2019TM日本大会が、この地域の復興の一端を担えるのであれば、それは素晴らしい物語になるでしょう。」と述べました。

釜石市の試合におけるホスピタリティ分野は極めて限定的ですが、ラグビーワールドカップ2019TM日本大会の釜石での試合で、ホスピタリティを通じて参加したい方は、こちらをクリックしてください