2019920日 - 112

year

month

day

開催500日前。最高の観戦体験へのカウントダウンが始まる!

2018.05.08

new v2 (002).jpg

2018年5月8日は、記念すべきラグビーワールドカップ 2019™の開催500日前となります。

トーナメントの準備は順調で、STH Japanが運営する公式ホスピタリティーも2018年2月の販売開始以来好調な滑り出しです。

公式ホスピタリティーに関しては、アジア市場でも反応が大変良く、ホスピタリティー・パッケージの需要は特に群を抜いております。メイン会場となる、横浜国際競技場に近接した特設会場内のプライベート空間でフォーマルなダイニングをお楽しみ頂ける、最も人気の高い「ウェブエリス・スイート」については既に売り切れ間近ということで、さらに注目が集まっております。

ラグビーワールドカップ 2019™の公式ホスピタリティー・パッケージはその全てのラインナップにおいて、最良のお席、試合前後のホスピタリティー、ユニークなエンターテインメントや著名なゲストスピーカーの登場など、和洋それぞれの「おもてなし」を存分にお楽しみ頂けます。

STH Japanでは、大会開催まで500日というカウントダウンが始まった今こそ、是非お早めのホスピタリティー・パッケージのご購入をお勧めします。ホスピタリティー・パッケージが売り切れてしまう前に、この一生に一度の体験を確かなものにしましょう。

STH Japan

STH Japan株式会社は、旅行最大手のJTBと英国STHグループとのジョイントベンチャーとして誕生しました。STH Japanは日本国内の様々なスポーツイベントにおいて、これまでに類を見ないプレミアムな観戦体験を企画・運営・販売する専門会社です。STH Japanは初のアジア開催となるラグビーワールドカップ 2019™️の公式ホスピタリティー会社として世界独占販売の権利を有しています。

スポーツホスピタリティーは日本国内ではまだ新しい観戦形態ですが、欧米では歴史のある人気の観戦スタイルです。スポーツホスピタリティーとは、上質のお食事とお飲物、著名ゲストスピーカーや各種エンターテインメントなどと入手可能な最上の観戦チケットをセットにしたパッケージの事で、欧米では、そのユニーク且つプレミアムな観戦体験を大切なお客様との関係構築や大事なビジネスの場面における接待の手法論として活用されています。

これまで、STHグループでは、IAAF世界陸上競技大会(2017年)、UCI世界自転車選手権トラックレース部門、ロンドンオリンピック(2012)、そしてラグビーワールドカップ (2007、2011、2015)と、世界的に注目を浴びた数々のスポーツイベントにおける公式ホスピタリティーを運営してきた実績があります。