50 DTG until RWC2019

‘今までみたことのない大会’ – ラグビーワールドカップ 2019™まであと50日!

2019.08.01

ラグビーワールドカップ2019™をあと数週間後に控えた今、ラグビーワールドカップそして公式ホスピタリティプログラムでは、史上最も見応えある大会の開催に向け準備も佳境に入ってきております。

ラグビーワールドカップ 2019の公式ホスピタリティプロバイダー であるSTHジャパンは、ラグビーファンの皆様に特別な体験をお届けできることにワクワクしております。全国12会場で独自の9つのホスピタリティパッケージをご用意するため チーム総勢で大会準備にあたっております。

 

ホスピタリティー会場の進捗

大会の主要なホスピタリティ空間となるのは 横浜国際総合競技場に隣接するウェブエリス・パビリオンです。この施設は2019年6月に着工し、建設と内装など120日間をかけて竣工していきます。

 

 

横浜国際総合競技場に隣接するウェブエリス・パビリオンは、現代的なホスピタリティに高級感あふれるお食事と、最上級のカテゴリーA観戦席を組み合わせた最高のパッケージです。大切なゲストと共に熱気に満ちた大会の雰囲気と興奮を試合前後にも楽しみたいお客様のためにご用意したパッケージです。お見逃しないようお早めにお申し込みください。

東京スタジアム内でのホスピタリティとなる プラチナパッケージは、内装デザインも仕上げ段階に進み、刻々と建物に命が吹き込まれています。活気のある VIP スタイルのビジネスラウンジはカテゴリーAの観戦席から直ぐ近くに位置し、スタジアム内の臨場感あふれるスペースで試合の熱狂を堪能したいお客様に最適なパッケージです。

 

 

このパッケージは開幕戦が既に売り切れの人気商品です。まだお求めいただける試合もございますので、詳しくはこちらをご覧ください。

 

ユニークなお食事、飲み物とエンターテイメント

ホスピタリティパッケージをご購入いただいたお客様の多くは、さまざまなライブエンターテインメント、厳選されたお食事とお飲み物を試合前後にお楽しみいただくことになります。ラグビー界のレジェンドによる素晴らしいライブパフォーマンスなど多岐にわるエンターテインメントや、当社のケータリング専門スタッフが18か月間にわたり時間をかけて選び抜いたお食事とお飲み物などお客様には最上級のサービスのご提供をお約束します。

 

 

チケットデザインと発送

今年始めにラグビーワールドカップ日本大会2019組織委員会が公式観戦チケットのデザインを発表しました。日本の伝統的な「武者絵」と呼ばれるアートとラグビーワールドカップ  2019 のテーマをモチーフとした柄が巧みに融合したデザインとなっています。 チケットには3種類のデザインがあり、いずれも日本が得意とする強い伝統と革新の両方が感じられるユニークなデザインです。

ラグビーワールドカップ 2019公式ホスピタリティ観戦券の発送が始まりました。予選開始までに13,000 人のお客様へチケットをお届けする目標です。チケットを手にするファンの方々が増えるにつれ期待と興奮で世界中が盛り上がりを見せます。ラグビーワールドカップ2019大会の実現はもう間もなくです。

ホスピタリティパッケージは大変ご好評を得ており、今日までの販売数は期待を超えております。海外、国内から多大な関心を集めており、特に日本代表が出場する試合はほとんど売切れとなっております。申し込みの30%は海外39カ国が占めていることなどからも日本は人気が高い訪問先であることが実証されており、大会では国際的な雰囲気が大いに楽しめることをお約束します。

STH ジャパンは公式ホスピタリティプロバイダーとして、 さまざまなお客様のご要望に応じたハイクオリティなラグビーホスピタリティのオプションをご用意しております。それぞれのパッケージで、最上級のチケットでの試合観戦と、西洋と日本の伝統的な「おもてなし」を組み合わせた上質なホスピタリティ体験をお楽しみ頂けます。チケットの需要は高まっておりますので、ラグビーファンの皆様はぜひお早めにご希望の観戦をお申し込みください。チケットは当社の新設した電子決済システム、または下記からお求めいただけます:

Eメール:info@sthjapan.com 電話:03 4500 2652

 

STHジャパンについて

STH ジャパンは英国Sports Travel & Hospitality Group(STHグループ)とJTBとの合弁会社として設立されました。当社は国内の主要なスポーツイベントに向けたプレミアムな観戦体験を企画・販売・運営している会社です。STHジャパンは現在アジア初の開催となるラグビーワールドカップ日本大会の独占的かつグローバルなホスピタリティプロバイダーです。

スポーツホスピタリティは日本では馴染みがないものですが、イギリスや北米では定評のある観戦体験です。 ホスピタリティとは、お食事、著名なゲストスピーカー、エンターテイメントなどと観戦チケットを組み合わせたものです。主要なスポーツイベントを豪華なお食事や体験と共にお楽しみいただくもので、西洋ではお客様の大切な接待や同僚の方々との親睦など企業で活用されています。

Rugby World Cup 2007, 2011 and 2015.  STHグループはこれまでに以下に代表される主要な世界的スポーツイベントのホスピタリティプログラムを運営してまいりました。国際陸上世界選手権2017, 世界選手権自転車競技, ロンドン2012オリンピック競技大会およびラグビーワールドカップ大会2007年,  2011年,  2015年の各大会

 

出典: https://www.rugbyworldcup.com/news/

ラグビーワールドカップ 2019™